ダイエットは美容外科で|痩せやすい体質になるには

薬を用いたダイエット

ウエスト

お薬で痩せる

美容外科で行うマシンを用いた治療は効果がすぐに現れる分、コストが少々高くなってしまいます。また、お腹の脂肪を吸い取ったり、注射で溶かすというのに抵抗を覚える人も少なくありません。そんな人のために美容外科が行っている治療方法が、メディスンダイエットです。メディスンダイエットとは、お薬を用いて痩せるダイエット方法であり、上記したマシンを用いた治療に比べて圧倒的に低コストなのが特徴です。メディスンダイエットは、マシンでのダイエットとは違い直接痩せるのではなく、脂肪溶解注射のように飲めば脂肪を溶かすわけではありません。メディスンダイエットで飲むお薬は、飲めば痩せるのではなく、痩せるのを補助してくれる役割を持ちます。そのため、どちらかといえばダイエットの補助的な役割を持つのですが、その分体にかかる負担は非常に少ないので健康的に痩せたいという人におすすめできます。また、マシンや脂肪溶解注射では脂肪はなくせても筋肉は身につかないため、リバウンド防止も兼ねて運動で痩せたいという人ならばまさにうってつけです。

脂肪の吸収と食欲

メディスンダイエットで用いる薬は、主に二種類の効果を持ちます。一つは、食欲を抑えるお薬であり、もう一つは脂肪の吸収を緩やかにするお薬です。食欲を抑える薬をのむと、脳にある「摂食中枢」という神経に作用し、食欲をおさえることができます。これを服用しておけば、ある程度食べればもうお腹が満足してしまい、どか食いを減らすことができます。もう一つの脂肪吸収を緩和するお薬ですが、これは脂肪を体内に吸収させず、体外へ排出させる作用のあるお薬です。ダイエットにおける食事の注意点に、食べ過ぎとカロリーの過剰摂取があります。そのため、この2つは非常に効果があるといえます。特に名古屋ではより強く効果を実感できるかもしれません。なぜなら、名古屋名物には高カロリーなものや食が進みやすい料理がたくさんあるからです。例えば味噌カツです。味噌の甘みはご飯がすすむ上に、カツの衣は油です。また、同じ理由でエビフライも当てはまりますし、天むすに至っては食べやすく、美味しいためつい食べすぎてしまうこともあります。名古屋名物には油を用いたグルメがたくさんあり、毎日食べるわけではないにせよ、食べすぎないために注意が必要なのです。

漢方で痩せる

前述したお薬は強烈なものであればあるほど効果がありますが、強すぎる場合は副作用がある可能性もわずかながら存在します。少しでも副作用のリスクを減らしたいというのであれば、お薬は漢方薬を用いるという手段もあります。漢方薬はお薬に比べて効果は緩やかなものになりますが、副作用のリスクは全くありませんし、体に負担がかかることもありません。そして、食欲をおさえることのできる漢方や、脂肪の吸収を緩やかにする漢方というのはあるため、前述した薬の代わりを務めることは難しくありません。他にも、代謝を活発にさせる漢方薬もあるため、美容外科で処方してもらい、ダイエット前に服用したり食前に服用することで抜群の効果を発揮します。名古屋の美容外科では漢方薬を扱っているところは多いですし、街の漢方薬局でも飲みやすいものが市販されていることがあります。また、お値段も手頃なものが多いため、入手しやすいというのも漢方薬の魅力です。